風力発電における油管理と

トラブルコントロール

風力発電に関するこんなお悩みはありませんか?

  • ギアボックスのトラブルを無くしたい

  • トラブルの原因が分からない

  • メンテナンス作業時間を減らしたい

​そんな時は当社の油管理とトラブルコントロールのシステムにおまかせください!

  • 油の酸化変質物が主原因

  • 極性物質の極性基は金属表面に吸着する

  • 金属表面に層を作る

  • 高分子化した油の酸化変質物は粘いので、糊のように他の固形物をくっつける(潤滑面をサンドペーパーのようにする)

  • 油の酸化変質物が細かい管を詰まらせると、冬場には温めた油をポンプで送っても、細い管に詰まった

  • 油の酸化変質物はなかなかとけない

​ギアボックスのトラブルの原因

​静電浄油機について

​特長

ギアボックス油を

​正常な状態に保つ。

油中の汚染物を静電気の力で凝集、コレクターに吸着させるため、

どんな小さなサイズも逃しません。
特に油の劣化で発生する酸化スラッジも除去可能。
これはフィルターではなし得ない、静電浄油機ならではの働きです。

​メリット

  • ​汚染物が除去され油が常に正常な状態に保たれる。

​油の劣化を抑え、更油が減少します。

  • ゴミカミ・焼付きや酸化スラッジ付着による弁の作動不良など油汚染に起因するトラブルがなくなる。

​機械稼働率向上、メンテナンス・作業量が減少します。

機械状態監視システムSPMについて

​特長

  • トラブル発生を瞬時に一目で把握可能。

  • 機械損傷部分を簡単に位置確認できる。

Copyright 2019 KLEENTECHNOS Co, Ltd. All rights reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
クリーンテクノス株式会社