ACTIVE POWER

フライホイル式 UPS

UPSに関するこんなお悩みありませんか?

  • ​バッテリー式UPSの場合

性能劣化があり、劣化しているかが分からない為、

瞬停・停電時の電力供給の正確性に欠ける。

4〜5年ごとにバッテリーを総入れ替えする必要があり、

​メンテナンスコストが莫大(7〜9年)。

  • ​キャパシター式UPSの場合

​電力を供給できる時間が1〜2秒間と短い。

​そんな時は当社のフライホイル式UPSにお任せください!

​特長

  • 国内のUPS市場は、バッテリー式、キャパシター式UPSが主流。

  • フライホイール式UPSは、通電時7,700rpmで回転。

  • 電源遮断時に惰性のエネルギーにより、電力を供給。

​特長

  • 構造がシンプルかつ原始的であり、不測の事態時にプロセスへ確実に電源供給することが可能。

  • 上下フライホイルの軸受交換を4年/回のみでメンテ費用が殆ど発生しません。

  • 冗長性を備えており、マルチメガワットに対応可能。(設備増設時の工事が容易)

  • 有害物質を有しておらず環境にやさししいシステム。

  • 効率98%(下図参照。)

Copyright 2019 KLEENTECHNOS Co, Ltd. All rights reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
クリーンテクノス株式会社